楽しいレジャーがいっぱいな反面、ジメジメ・ベタベタとお肌にとっては嫌〜な季節の夏。
高温多湿な日本の夏は特に、皮脂の分泌量が増えて毛穴トラブルが起こりがちです。

そこで、ここでは暑くなるとどうして毛穴のトラブルが起こりやすくなるのか?その原因と対策についてまとめていきたいと思います。

どうして夏になると毛穴のトラブルが起こりやすいの?

高温多湿である夏場は、1年の中で最も汗や皮脂の分泌量が増えます。
さらに紫外線も強くなりますし、またどこに行っても強い冷房がガンガンかかっていることでべたつくのにお肌の内部は乾燥しているというインナードライへお肌が傾きがちになってしまいます。

まず、夏の毛穴トラブルの一番の原因は毛穴の皮脂詰まりです。
過剰に分泌され、毛穴に詰まった皮脂と角質などが混ざることで角栓ができてしまうのですが、時間が経てば経つほどに酸化し、この角栓が黒くなってしまいます。
この黒い角栓が毛穴の黒ずみの原因となってしまうんです。

また、酸化した角栓や紫外線などの影響で毛穴の周りに炎症が起きてしまうと、メラニンが生成されます。
そうすると、色素沈着を起こし毛穴が黒ずんで見えるようになってしまいます。
このメラニンが原因の毛穴の黒ずみは角栓が詰まっている時のようにザラザラすることはないのが特徴です。

さらに、過剰な皮脂が毛穴を押し開くことで発生してしまうひらき毛穴なども毛穴のトラブルの原因となります。

夏の毛穴トラブルのケア

では、どうすれば毛穴のトラブルをケアすることができるんでしょうか?
それは、

  • 毛穴を引き締める
  • クレンジングを必ず行う
  • 乾燥をケアする

ということです。
まず、大事になるのが何より洗顔!
とは言っても、ただ洗えばいいという訳ではありません。
過剰に洗顔をしたり、よりさっぱりしたいからと洗浄力の高すぎる洗顔料を使うをお肌は乾燥しボロボロになってしまいます。
また、乾燥した肌は肌に潤いを与えようと、さらに皮脂を分泌させる結果となってしまいます。
夏の洗顔は、「とにかく優しく丁寧に」を心がけましょう。
クレンジングも重要です。
「洗いすぎがダメなら、クレンジングは控えた方がいいのでは?」と思ってしまうかもしれませんが、クレンジングは油性の汚れを落とす大事なステップです。
洗顔料では、メイクや強力な日焼け止めなどは落ちません。
特に、夏場はウォータープルーフタイプの落ちにくいものを使うことが多いと思いますので、しっかりクレンジングをするようにしましょう。

また、洗顔後はしっかりと保湿をして、毛穴を引き締めることができる毛穴ケア化粧品を使って毛穴をキュッと閉じてあげましょう。

今年は、毛穴をしっかりケアして夏美人目指しましょうね!

夏は毛穴トラブル注意報!原因を知って、毛穴レス肌を目指そう。

投稿ナビゲーション