日焼け止めといえば、塗るタイプの日焼け止めが主流ですが、ここ最近いろんなメーカーから発売されている“飲む”日焼け止めって知ってますか?
海外では以前から人気があって既に定番となっているようですが、日本でもここ数年モデルやタレントの間で話題となりじわじわと浸透中のアイテムなんです。

でも、本当に飲むサプリメントで紫外線対策ができるのか、半信半疑ですよね。

そこで、サプリメントで紫外線対策ができるのか?その秘密を探っていきたいと思います!

 

日焼け止めのメカニズム

塗る日焼け止めには、大きく分けて「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類が入っているものがありますが、どちらも皮膚の表面に塗ることで、紫外線が肌の内部に侵入するのを防ぐものです。
紫外線吸収剤は、皮膚の表面で紫外線を吸収し、科学的にエネルギーに変え放出することで、肌の内部に紫外線が到達することを防ぐというものです。
紫外線吸収剤は紫外線を防ぐ力が強く、塗りこごちがいいのが特徴。
でも、防御力が高い分肌への負担が大きくなります。
紫外線散乱剤は皮膚の表面で紫外線を跳ね返すことで、紫外線が肌に当たるのを防ぐというもの。
肌への負担が少ないのですが、ベタベタしたりつけ心地が悪いものが多くなっています。
どちらも、塗るタイプの日焼け止めは肌の表面で紫外線をブロックして肌の内部に入らないようにしています。

そして、最近人気の飲む日焼け止め。
これって、肌の表面に膜を張ってブロックできる訳ではないですよね。
では、どのようにして紫外線をカットしてくれるんでしょうか?

飲む日焼け止めとは、紫外線を直接肌に当てないようにする日焼け止めクリームとは根本的に違います。
体の内側から、紫外線を浴びたことで発生した活性酸素や紫外線の吸収をブロックするという考え方のものなんです。
サプリメントは、紫外線の効果を和らげるという目的で作られているので、紫外線そのものをブロックするわけではないんです。
だから、直接的に紫外線をブロックする日焼け止めクリームや日傘などを併用して、
1 外側から直接紫外線をブロック
2 内側から紫外線の吸収をブロック
とこのダブル使いをすることで、紫外線の影響を最大限にカットすることができるんですよ。

 

飲む日焼け止めの秘密

では、飲む日焼け止めってどのようにして紫外線の吸収をブロックしてくれているんでしょうか?

その秘密は、シトラス果実とローズマリーから抽出した紫外線から肌を守る注目の天然ポリフェノール「ニュートロックスサン」。
紫外線を浴びたことで発生した活性酸素を抑制したり、紫外線によるシミやソバカスの原因であるメラニンを抑制する働きがあるんです。
85日間継続してニュートロックスサン250mgを摂取することで紫外線の約60%をブロックすることが明らかになっているんですよ。

塗る日焼け止めと違って、汗や皮脂で流れてしまったり、肌への刺激が強い高SPFの商品を使うことで肌荒れしてしまったりということがないので、スポーツをしている方や肌荒れに悩む方に人気なんです。

飲むだけ簡単UVケアの飲む日焼け止め、是非試してみてくださいね!

サプリメントで紫外線対策ができるってホント?飲む日焼け止めの秘密

投稿ナビゲーション