シミ、シワ、たるみなどの様々なエイジングサインが悩みの種の50代。
これまで積み重ねてきたお手入れの結果が現れてきて、若く見える人もいれば、年齢よりも老けて見える人もいたり見た目年齢の幅が広い年代じゃないかと思います。

では、そんな50代がツヤのある若見え肌を作る為には、どんなベースメイクを選ぶのが正解なのでしょうか?
ここでは、カバー力&保湿力が高いと評判の50代にぴったりなBBクリーム・CCクリームの選び方をご紹介します。

50代のBBクリーム・CCクリーム選び3つのポイント

50代のベースメイクで大事なのは「厚塗りはNG!薄づきでナチュラルな仕上がり」「適度なツヤ感」「保湿力が高く乾燥を防ぐ」という3つです。

薄づきでナチュラルな仕上がり

50代になると、隠したいものがあらゆるところに増えてきますよね。
目尻のシワ、あちこちに出現してくるシミ、年々長く深くなるほうれい線など。
そして、これらのエイジングサインを隠そうと、ついついファンデーションを厚く塗ってしまいがちです。
でも、この厚塗りは老けて見えがちな絶対NGな習慣。
厚く塗れば塗るほどに、夕方のメイクの崩れやヨレの原因となってしまいます。
BBクリーム・CCクリームは、薄づきなのにピッタリフィットして、カバー力が高いのが特徴。
BBクリームは、元々は美容施術後の肌の炎症を抑えながら、傷跡をカバーし紫外線から肌を守るために開発されたものなので。薄く伸ばすだけで気になる肌悩みをカバーすることができるんです。

ただし、商品によっては厚塗りになってしまうものもありますので、とにかく薄づきでカバー力が高いBBクリーム・CCクリームを選ぶようにしましょう。

適度なツヤ感

若見え肌の為に重要になるのが、ツヤ感。
肌の内側から適度に自然なツヤがある肌は、気になる肌のアラを光で飛ばしてくれるので5歳くらい若く見えますよね。
でも過剰なツヤは、テカテカでツヤと言うより脂っぽく見えますので要注意です。
BBクリーム・CCクリームを選ぶ時には、素肌っぽく見える重さのないツヤのあるものを選びましょう。
テカテカせずに、光の効果でエイジングサインを飛ばしてくれるような自然なツヤかんのあるBBクリーム・CCクリームがオススメです。

保湿力が高く乾燥を防ぐ

50代になって、さらに感じるようになるのが肌の乾燥です。
加齢が進むと肌の皮脂分泌量が低下し、肌内部にある保湿成分セラミドが減少します。
そして肌の弾力やハリが失われ、また水分を保持する力も徐々に衰え始めるので、どんどん乾燥しやすくなっていきます。
そんな50代は、日中も乾燥対策が必須。
BBクリーム・CCクリームなら、美容成分が60%以上入っていてまるで美容液と言えるほど乾燥をしっかりケアできるような商品もありますので、保湿力の高いBBクリーム・CCクリームを選ぶことをオススメします。

「薄づきでナチュラル」「ツヤ感」「保湿力が高い」この3つのポイントをクリアし、50代に特にオススメなのが『マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール』です。

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェールは美容液成分62%配合で、潤いながらシミ・シワ・毛穴をしっかりカバーし、透明肌を導く美容液ファンデーション。
伸びがよく、薄く伸ばすだけで透明感のあるツヤ肌の出来上がりです。
そんなに薄づきなら、カバー力ってないのでは?と思っちゃいますが、薄づきなのにシミや毛穴など気になる部分はしっかりカバーしてくれる優秀BBクリーム・CCクリームなんです。

いつまでも若く見られたい50代の女性におすすめのBBクリーム・CCクリームですので、是非使ってみてくださいね!

50代のベースメイク選び3つのポイント(BBクリーム・CCクリーム編)

投稿ナビゲーション