お風呂上がりに顔がつっぱる、身体が痒くなるっていうことはありませんか?
冬になると気温や湿度が低く、もともと肌が乾燥しやすい季節ですが、その乾燥は間違った入浴によるものかもしれません。

そこで、今回は肌を乾燥から守る入浴方法についてまとめてみました。

 

どうしてお風呂上がりに乾燥するの?原因と対策はこれ!

乾燥の気になる季節になると、特にお風呂上がりに身体や顔が乾燥しやすくなります。
では、どうして乾燥してしまうんでしょうか?

まず、一番の原因はお風呂の温度です。
寒くなると、どうしてもお風呂の温度を上げてしまいますよね。
しかも、長くお風呂に浸かってしまいがちです。
そして、この高い温度のお風呂に長時間浸かってしまうことが乾燥の原因となってしまうんです。
高温のお風呂に長時間つかると、お肌に必要な皮脂や天然保湿因子が流れてしまいます。
その為、お肌が乾燥してかゆみなどの症状が出てしまうんです。
洗顔も同じように、熱めのお湯で洗顔してしまうと、皮脂や天然保湿因子が流れてしまう原因となりますので、注意が必要です。

乾燥が気になる時のお風呂は、38〜39度くらいのぬるめのお湯で、10分くらいを目安に入るようにしましょう。
ややぬるめのお湯に浸かることで、副交感神経を刺激することができるのでリラックス効果もありますよ。

次に、かゆみが出る原因として、ナイロンのタオルでゴシゴシ洗うということがあります。
顔をゴシゴシタオルで洗う人っていませんよね。
みなさん、しっかり洗顔料を泡立てて優しく洗っているのでは?

顔も体もつながっている同じ皮膚です。
ゴシゴシ洗うことで、体中の角質をボロボロにしてしまい、乾燥を招いてしまいます。
ぬるま湯で洗い流すだけでも汚れは落ちますが、ボディソープを使う場合にもしっかり泡立てて優しく洗いましょう。

また、お風呂上がりには、必ずボディクリームやローションを塗って保湿をしましょう。
顔って乾燥するのが怖くて、お風呂上がりにはすぐに化粧水やクリームをつけてケアしていると思いますが、体ってついつい後回しにしがち。
体が乾燥を始める前にしっかりと保湿をしましょう。
乾燥でかゆみが出ている時にオススメのボディローションが、キュレル ジェルローション 。
スーっと伸びてべたつかず、かかとから背中まで全身に使えます。
軽めのつけ心地なのにしっかり保湿が出来るので、季節を問わず安心して使用できますよ。

かゆみが出たりトラブルがある時期にも、お肌に優しいキュレルのローションなら安心して使用ができますよ。

正しく入浴して、乾燥知らずの潤い肌を作りましょうね!

正しい入浴で乾燥知らずの潤い肌を

投稿ナビゲーション