同じ化粧品を使っていても赤くなってしまったり、季節の変わり目に肌荒れしてしまったりと、敏感肌ってベースメイクがなかなか上手にできないですよね。
うっかり紫外線を浴びてしまうと、乾燥したりブツブツが出たりとさらにトラブルが起こりやすいのですが、やみくもに紫外線カット効果の高い日焼けどめを使うと刺激が強く、肌トラブルの原因となることもあります。
そんな敏感肌でお困りの方にオススメなのが、紫外線をカットしながらも保湿力の高いBBクリームやCCクリームなどのベースメイクアイテム。
BBクリームやCCクリームで、紫外線と乾燥から肌を守り、肌のバリア機能を正常に保ちましょう!

 

敏感肌におすすめのBBクリーム

敏感肌の主な原因は、乾燥による肌のバリア機能の低下です。
肌のバリア機能とは、肌表面にある角質層が潤いを蓄え、乾燥と外部刺激から肌を守る役割のことです。
肌の潤いを保つためには、バリア機能が正常に整っている必要があります。
乾燥し外部刺激を受けやすい状態は、バリア機能が低下している状態です。
バリア機能が低下し敏感になっている肌は、乾燥を防ぐ日々のスキンケアはもちろん、日中の乾燥からお肌を守ることのできる保湿力の高いベースメイクアイテムを選ぶことが重要です。
また、紫外線を浴びると肌の乾燥が進み、また赤みやブツブツなどのトラブルが出がちになりますので、365日欠かさず紫外線対策をすることが重要です。

BBクリーム、CCクリームは1本で、日焼け止め・化粧下地・ファンデーションの役割を果たしてくれる時短ベースメイクアイテムとして人気ですが、保湿力が高いので実は日中の乾燥対策としても、ぴったりのアイテムなんです。
また日焼け止めの効果もあるので、簡単に紫外線ケアをすることができるんです。

敏感肌の方だと、BBクリームなどの時短アイテムって肌に悪いんじゃないの?と不安になってしまうかもしれませんが、BBクリームは元々は美容整形やピーリング後に刺激を受けた肌を鎮静し、保護するの目的で開発されたもの。従来肌を保護するための医療用のクリームなので、安心して使うことができます。
ただし、中には肌への密着度を高めるために、添加物をたくさん使用している商品もありますので、敏感肌の方は注意が必要です。
添加物は刺激が強く、肌トラブルの原因になることがありますので、敏感肌の方は低刺激で添加物の少ない商品を選ぶことが大事です。

肌にストレスをかける成分を徹底排除したノンケミカル&フリー処方の「セパルフェ ザ ブライトアップBBクリーム」など敏感肌の方も安心して使うことができるBBクリームもありますので、乾燥や外部刺激から肌を守りながら美肌を目指しましょうね!

 

敏感肌でも使えるBBクリーム選び

投稿ナビゲーション