顔の第一印象を左右する目元。
そこにクマがあるだけで、一気に老けて疲れた印象になってしまいますよね。
女性の3人に1人が悩んでいると言われている目の下のクマ。
そんなクマを簡単に解消する方法をご紹介します。

 

クマにも種類があるんです

クマと一言に言っても、原因によって種類が違ってきます。

青クマ

青クマとは、主に寝不足や眼精疲労など血行不良が原因でできるクマです。
乾燥肌や冷え性の人に多く、冬場は青クマに悩む方が多くなります。
皮膚の下の血管と眼輪筋が透けて見えることで青っぽく見えてしまいます。

茶クマ

茶クマとは、摩擦による色素沈着が原因でできるクマです。
メイクの時やクレンジングの時に起こる摩擦や目をこする癖がある方に出やすく、摩擦を重ねることで悪化してしまいます。

黒クマ

黒クマは、目の下の眼窩脂肪を支える筋肉が加齢によって緩んでしまうことで、眼窩脂肪が前方に押し出されて、目の下に影ができてしまう状態です。

 

クマの撃退法

クマの種類によって対策が異なりますが、まず青クマは血流が滞ることで出やすくなります。
体を冷やさないことが重要になりますので、しっかり運動して、お風呂で体を温めたり血行をよくすることを意識しましょう。
茶クマは色素沈着が原因ですので、ゴシゴシこすらないことを心がけましょう。
クマが気になるとどうしてもメイクを厚塗りにして隠しがちですが、厚塗りメイクは肌への負担も増し、どうしてもクレンジングを通常よりもしっかりとする必要が出てきます。
厚塗りはヨレや化粧崩れの原因にもなりますので、メイクは薄くを心がけましょう。
また、クレンジングの時はこすらないようにとにかく優しく行い、目元専用のリムーバーなどを使用して優しくオフすることが大切です。
黒クマは、なかなかすぐに改善することが難しいのですが、顔の筋力低下が原因のため、顔の表情筋を鍛えるマッサージなどを行いましょう。
加齢が原因の黒クマですが、老化の一番の原因は紫外線なので、紫外線対策が重要になります。
また、目元はどうしても乾燥しやすい部位になりますので、しっかりと保湿をしてお肌の潤いとハリを保つことが大事です。

また、コンシーラーを使う時には、青クマにはオレンジやレッド系のコンシーラーがオススメ。青っぽく見えるクマを肌の色に近づけてくれます。
茶クマには、イエローやワントーン明るいベージュ系のコンシーラーを使うと、クマを隠しやすくなります。
黒クマはコンシーラーを使っても、影なのでなかなか綺麗に隠れてくれません。
そんな時は光の反射を利用しましょう。パール入りのアイシャドウを目の下にのせると目元が明るくなり、クマが気にならなくなりますよ。

 

顔の印象を左右する目元のクマ。
自分のクマの種類を知って正しく対策して、お疲れ顔から抜け出しましょうね!

クマを撃退して、お疲れ顔から抜け出そう!

投稿ナビゲーション