治っても気がつけば繰り返しできてしまう大人ニキビ。
一つできるだけでもすごい存在感出し、本当に何とかしたいですよね。

では大人ニキビを治すために一番大切なことって何かわかりますか?
答えはご想像の通りかもしれませんが、”洗顔”です。
ただ、思春期にできるニキビと違って、ただ大人のニキビは洗えばいいってもんでもないんです。
そこで、大人ニキビ対策に効果抜群の洗顔方法についてご紹介します。

大人ニキビってどうしてできるの?

思春期の時って、どうしてもニキビができやすいですよね。
女子も男子も、ホルモンバランスの変化により皮脂の分泌を促進されるため、皮脂の分泌が過剰となり毛穴が詰まることで、ニキビができやすくなります。

では、大人ニキビってどういうニキビなんでしょうか?
大人ニキビの原因は、古い角質の蓄積が原因と言われています。
額や頬などのTゾーンにできやすかった思春期ニキビとは異なり、顎の周りなどUゾーンにできやすく、繰り返し同じ場所にできてしまうのが特徴です。
ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、ストレスなどが原因となり、お肌のターンオーバーが乱れることで古い角質がうまく剥がれずに毛穴を塞いでしまうことでできてしまいます。

 

大人ニキビ対策は洗顔を見直そう

大人ニキビの対策として大切なのは、洗顔です。
お肌にはバリア機能が備わっていますが、このバリア機能が弱まってしまうと大人ニキビが出来てしまいます。
大人ニキビを改善するには、洗顔料選びが重要です。
ニキビができるとついつい洗浄力の高い洗顔料を選びがちですが、洗浄力の高すぎる洗顔料は、肌の乾燥の原因になってしまいます。
乾燥した肌は、肌のバリア機能が弱まりあらゆる肌トラブルの原因となってしまいますので、要注意です。汚れを落としながらもお肌の潤いを守ってくれる成分の入ったものを選びましょう。
また、合成界面活性剤が入っているものはデリケートになっている肌には刺激が強くさらなく肌トラブルの原因となってしまいますので、気をつけましょう。

また、泡立ちの良さもポイントです。
しっかり泡立てて洗うことで、毛穴の汚れをしっかりとオフすることができ、ニキビや肌を傷つけずに洗顔できます。
泡立ちがよく、泡がへたらないような洗顔料を選びましょう。

また、ニキビが気になる方はべたつくのが嫌だからと、洗顔後に化粧水だけで済ませてしまう方も多いようです。
大人のニキビ肌は保湿が重要ですので、しっかりと保湿をして潤いを保ちましょう。

 

大人ニキビは正しくケアをすることでできにくくなりますので、洗顔を見直してニキビのない肌を目指しましょうね。

 

 

大人のニキビ対策は洗顔が決め手!

投稿ナビゲーション