秋冬になって気温が下がってくると、肌の乾燥に悩まされるようになりますよね。
お肌の乾燥は、シワやたるみ、毛穴の開き、ニキビなどあらゆる肌悩みの原因となります。

そこで、乾燥や外部刺激から肌を守ってくれる乾燥肌の強い味方、保湿クリームをご紹介していきます。

保湿クリームの役割

普段のスキンケアで、どのようなスキンケアをしていますか?
化粧水と乳液だけという方も多いと思いますが、乾燥しやすい時期には、保湿クリームでのお手入れがオススメです。

まず、保湿クリームの役割って何でしょうか?
乳液と同じような印象がありますが、似ているようで少し異なります。
乳液は水分量が多く油分が控えめ、保湿クリームは水分量が少なく油分が多めになります。
確かに、乳液はボトルに入ったみずみずしいテクスチャーのものが多く、保湿クリームはクリーム上でとろっとしているものが多いですよね。

洗顔の後には化粧水で肌を潤していきますが、水分が蒸発していかないように油分でフタをして肌を保護する役割が乳液や保湿クリームの役割です。
保湿クリームは乳液に比べて水分が少ないので、肌の表面に作るバリア力が高いのが特徴です。
普段化粧水+乳液でのお手入れをされている方で、乾燥するという方は乳液を保湿クリームに変えてみましょう。

オイリー肌の方は、保湿クリームが苦手な方も多いと思いますが、乾燥した肌は、油分を補おうと過剰に皮脂が分泌されてしまいます。
皮脂が分泌される前に保湿クリームでバリア機能を補うことで、皮脂の過剰な分泌を抑えることもできます。

クリームのべたつきが苦手な方は、乳液を塗った後に、乾燥しやすい目元や口元だけクリームをつけるのもオススメですよ。

 

保湿クリームの塗り方

保湿クリームの効果的な使い方は、化粧水がしっかりと肌に馴染んでサラサラになったタイミングで塗ることです。
肌に浸透せずに水分が残ったままだと、クリームの効果が発揮されにくくなります。
化粧水を塗って数分経過し、肌に浸透した後に、クリームをおでこ・肌・両ほほ・あごと5点において、内側から外側に向かって薄く伸ばしていきます。
最後にハンドプレスすると、しっかりクリームが浸透してくれます。

肌の乾燥は敏感肌の原因にもなりますので、空気の乾燥が本格的になる時期の前に、保湿クリームを取り入れたお手入れを始めましょう。
保湿クリームにもたくさんの種類があるので、自分にあった保湿クリームを見つけて乾燥肌に立ち向かいましょうね!

乾燥肌対策!保湿クリームでカサカサ肌に立ち向かう!

投稿ナビゲーション