メイクをする時に、色選びに失敗したことってありませんか?
綺麗な色だなーと思っても、何となく似合わなかったり、色のバランスが合わなかったり・・・。
そこで、失敗知らずのカラーの選び方についてご紹介します。

 

ベースカラーって?

肌の色を大きく二つに分けると、「黄味が強いオークル系の肌の色」と「青みがかったピンクっぽい色に見える肌の色」に分かれます。
よく、イエべ(イエローベース)とブルベ(ブルーベース)っていう言葉で表現しますよね。
自分のベースカラーを知ることで、メイクに使う色を選ぶと、顔色が明るくキレイな仕上がりになれます。

ベースカラーの判断の仕方

一番日焼けのしにくいお肌の色をしている腕の裏の方で判断します。
手首の血管が見えますよね。
この血管の色って、緑に見えますか?それとも青や赤色に見れますか?
この時に緑の血管に見えた方はイエローベースの可能性が高いです。
逆に青や赤色に見える方はブルーベースの可能性が高いです。

イエローベースの方は、動脈の色影響が強く、メラニン色素の量が多いのが特徴です。
ブルーベースの方は、静脈の色影響が強く、日焼けをした時に赤くなるタイプの方が多いです。
(ただし他にも細かいチェック項目がありますので、きちんと診断したい方は、コスメカウンターなどで診断をしてもらうことをオススメします。)

自分のベースカラーがわかると、化粧下地、アイシャドウ、口紅、チークなどあらゆる色味のあるメイクグッズの中で、自分に合う色がわかるようになります。

 

メイクの色選びのポイント

カラーチャートの補色を使いこなすとメイクの腕が格段に上がります。
補色とはカラーチャートの反対側の色のことです。

イエローベースの方に似合うカラーは、アースカラー、暖色です。
オレンジ、イエロー、朱色などのカラーは、イエローベースの肌をよりキレイに見せてくれるカラーです。
元気な印象になれるのでオススメです。
また、ピンク系だと、サーモンピンクやコーラルピンクなどピンクに黄味が若干混ざったピンクがオススメです。
血色も良く見えて、自然にイエベの肌に馴染んでくれます。

ブルーベースの方に似合うカラーは、パステルカラー、寒色です。
ブルーやグリーン、パープルなど青みがかった寒色系の色が良く合います。
また、青みがかったピンクや赤なども、上品な雰囲気になって良く似合います。
ブルーベースの方は、色白な方も多いので、これらの色を使うことで透明感のある雰囲気が引き立ちます。

 

自分のベースカラーを知ることで、メイクの失敗や「なんかぴんとこない」っていうことが少なくなりますので、ベースカラーを知って自分に合うカラーを見つけてみてくださいね。

タイプ別カラー選び

投稿ナビゲーション