朝せっかく時間をかけてメイクを仕上げても、夕方になるとテカテカ・ドロドロに崩れてしまっていることってありませんか?
メイク仕立てのサラサラ肌がずっと続いてくれたら、1日中気分も上がりますよね。

そこで、朝のメイクが夕方まで崩れない。化粧崩れしにくいメイクの仕方をご紹介します。

 

化粧崩れの原因

どうして化粧崩れってしてしまうんでしょうか?
まず、大きな原因として”汗”があります。
多少の汗なら、軽く抑えるだけで汗が収まると思うので、大きく化粧崩れを起こすことはないと思いますが、夏場特に暑い日や運動不足の方は特に大量に汗をかいてしまうことで、化粧崩れを引き起こしてしまいます。

また、意外ですが、乾燥肌の人も化粧崩れをしやすくなっています。
肌は乾燥して水分不足になると、皮脂が過剰に分泌されるので、その結果化粧崩れしやすくなります。
その為、皮脂でベタベタしているから自分は脂性肌と思い込んで、どんどん皮脂をとってしまうことがあると思いますが、完全に逆効果です。
皮脂を取れば取るほどに、肌の乾燥が進むので、さらに肌は皮脂を分泌させてしまいます。
皮脂が多いなと思う時には、保湿を心がけましょう。

 

崩れないメイクのポイント

メイクの前に重要なこと、それは朝の仕込みです。
乾燥すると皮脂が分泌されて、化粧崩れの原因になりますので、朝はしっかりと保湿をして肌のコンディションを整えましょう。
化粧水をたっぷりコットンにとって、肌に浸透させていきます。
最後は肌に直接プレスして、肌内部までしっかり浸透させてあげましょう。
そして、乳液で整え水分の蒸発を防ぎます。
最後にティッシュで顔を抑えて油分を軽くオフすると、ベースメイクがノリやすくなりますよ。

次に、ファンデーションを塗るポイントです。
一番のポイントは薄く伸ばすこと。
ファンデーションは暑く塗ってしまうと、化粧崩れの原因となります。
特に、目の周りや口の周りなどよく動く部分はヨレやすいので、薄く伸ばすのがポイントになります。
スポンジを使って叩きこんで行き、最後に両手で頬全体を包み込みしっかりフィットさせます。
こうすることでファンデーションが肌に密着し、崩れにくくなります。

リキッドファンデーションやクリーム系のファンデーションを使う場合には、最後にフェイスパウダーをたっぷりのせます。
フェイスパウダーは皮脂や汗を吸収しメイク崩れを防いでくれますので、仕上げに必ず使いましょう。

基本的なことを丁寧に行うだけでも、化粧崩れはぐっと少なくなります。
化粧崩れのないサラサラ肌で一日中過ごしましょうね!

朝のメイクを夕方までキープ!崩れないメイクの仕方

投稿ナビゲーション