肌がピリピリしたり、つっぱったりと、「あれ?いつもと違う?」ってこと時々ありますよね。
特に年齢を重ねると、ちょっとしたことで肌が敏感肌に傾いてしまうことがあります。
そこで、肌に違和感を感じた時のケア方法についてご紹介します。

 

肌の違和感を感じた時の対処法

洗顔後に肌がつっぱるという経験って皆さんありますよね。
洗顔後に肌がつっぱるということは、洗顔料の洗浄力が強すぎるのかもしれません。
肌につっぱり感があるというのは、潤いに必要な肌の水分量が不足しているということです。洗顔と同時に、肌にとって必要な潤いまでオフしてしまっているのかもしれません。
潤いを失った肌はつっぱり感を感じるだけでなく、外的刺激に弱い状態になっていますので、洗浄力が強すぎる洗顔料をお使いの方は、マイルドな低刺激の洗顔料に変えてみましょう。
また、間違った洗顔も肌のつっぱり感を引き起こします。
洗顔を一日何度も行ったり、朝晩洗顔料を使うと、肌にとって必要な潤いまでを洗い流したてしまうことがあります。また、肌をゴシゴシと擦ることで角質が傷ついてしまいますので、洗いすぎは禁物です。
洗顔後に肌のつっぱりを感じる方は、洗顔料を使うのを夜だけにして、朝はぬるま湯で洗顔するようにしましょう。
顔を洗う時の温度も重要です。
特に冬場などは寒いからと熱めのお湯で顔を洗っていませんか?
熱いお湯は過剰に皮脂を奪ってしまい、洗顔後の乾燥を促進させてしまいます。
お湯ではなく、ぬるま湯くらいの低い温度で洗顔をしましょう。

肌に違和感を感じるということは、肌のバリア機能が低下しているということです。
肌のバリア機能の低下は、肌の乾燥が大きな原因の一つです。
しっかりと乾燥対策をして、生活習慣を整えましょう。
乾燥対策としてオススメなのが、セラミド配合のスキンケア。
加齢により減少してしまう角質中のセラミドを補いましょう。

ただし、肌のバリア機能が低下しているといつもと同じ化粧品を使っていても、急にピリピリしたりスキンケアがしみたりと刺激を感じることがあります。
刺激を感じたり赤くなったりした時は、今使っている化粧品が合っていないというサインですので、肌のバリア機能を高めるため、刺激の少ない敏感肌用の化粧品に変えてみましょう。

また、紫外線を浴びることで、さらに肌の乾燥が進みますので、外に出る時は必ず紫外線対策をすることが重要です。

肌の違和感に気付いた時のケア

投稿ナビゲーション